スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

実習:りんごのタルト

りんごのタルトりんごのタルト 横から
先週もそうだったけど、昼間っからそわそわしてしまう。早く夜にならないかなl、、、。
定時過ぎたら会社をでる!早く着くようでそうでもない。
既に2人来ていてノートを見直していた。
確かに直前に見直しておいた方が、作業がスムースに進みそう。
クラスメイトのお母さんがタッパー用の手提げをみんなに作ってくれた。
これ、とっても便利です。ありがとうございます!
15分前になったらキッチンに入って計量開始。
計るだけなのに、あわあわしてしまう、、、。
先にパートブリゼを作るのだけど、力の入れ加減がデモを見ていただけじゃやっぱり分からない、、、
実際やってみると、”これでいいのかなぁ、、、”という気持ちになるんだけど、またもや5人で良かった!シェフがまんべんなく見に来てくれて、こうだよ、とやって見せてくれた。
生地ができ、型に敷いたら、ふち飾りをつける。これが思ったより難しかった、、、シェフみたいにできなかった(当たり前?)。
タルトを休ませてる間に、リンゴの処理に入る。
まず、6個剥くのが既に大変、、、3つずつ中身と飾り用にカットしていくんだけどこれまた手間がかかります。
わかってきたことは、私、刃物苦手です。普段包丁持たないからなぁ、、、
こわごわだから遅い。早く慣れないかなぁ(回数こなさないとね)。
切り物が多いと少しペースが遅くなってしまう、、、
既にリンゴのコンポートに入ってる人もいるのに、、、。
しかし!人を気にしても仕方ないよね。
急いで雑にやったら意味が無い!習ったことを忠実に再現するのが先決。
そう自分に言い聞かせて、作業を進める。
切り終わったら後の作業ペースは問題なし。リンゴを煮て、冷ましたらタルトに入れる。
表面を薄切りリンゴで飾っていく。こういう作業楽し~い。
オーブンに入れて一段落。焼きあがるまでに片付け。
35分かけて焼きあがったタルトにナパージュをぬると、つやつやして、急にお店のみたいに見えてきた♪シェフの採点は、”中(リンゴの並べ方、見た目)はいいね、タルトのふちをもう少ししっかりつまんでねじった方が良かった”と
いうことでした。確かに、タルトのフチ飾りが今ひとつだった、、、。
生地って焼くと膨らんだりだれたりするから、結構きっちり模様をつけとかないと焼き上がった時シャープにならないのだ。
こういうことって、今までも体験したことあるはずなのに、深く考えた事なかった、、、もっと練習したいなぁ。
(絶対にこう仕上がらなきゃっていうのもなかったし、、、)
リンゴ6個詰まったタルト1ホール。作ったはいいけど、消費しきれない気がする、、、。
金曜じゃなければ会社で配るのもアリなんだけど、、、
でも金曜じゃなかったら翌日仕事にならないかも。
週末の夜を楽しんだ人たちで混んでる電車にのって、タルトを大事に抱えていたら、ほろ酔いおじさん2人組に話しかけられた。
”それ、大事に抱えてるけど動物か何か?”
唐突だったから驚きつつもつい、”あ、ケーキなんです”と答えたら
いいあぁ、そういうCMあったよね、彼氏に持っていくの?と聞かれた。
これまたつい”いえいえ、家に直行です。”と答えてしまった。
まぁ、変な人たちじゃなかったので良いのです。
家に着いたら22時半だというのに両親はタルトを食べてくれた。
ありがと~、やっぱり焼きたてを食べてみて欲しかったの。
さ、残りはどうなるのかなぁ、、、
とにかく今日はもう寝ます。

関連記事
スポンサーサイト

2005.10.07 | | Le Cordon Bleu

«  | HOME |  »

プロフィール

ニコ

Author:ニコ
会社勤めの傍ら、憧れの
ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。
今はお菓子教室を開く夢を持ちながら、お菓子を作ったり、たまに教えたり。
オーダーお菓子・出張お菓子教室承ります☆

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
4316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
405位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。