スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

サロン・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ

1月6日はエピファニー(公現祭:イエス・キリストが神の子として見いだされた日)。
ガレット・デ・ロワはこの日に頂くフランスの伝統菓子。
パイの中にアーモンドクリームを詰めたシンプルなものだけど、 フェーブと呼ばれる陶器のお人形等を一つ焼きこんであって、
それが入った一切れを引き当てた人は王冠をもらって、みんなから祝福され、
一年幸運が続くのだそう。幸運を運ぶステキなお菓子♪

先日、縁あって、サロン・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワという集いに
出席することができました。
ガレット・デ・ロワなどフランスの伝統菓子と文化の普及を目的とした会で、
たくさんのパティスリーからガレット・デ・ロワが献上されていました。
200901061.jpg200901062.jpg
会場にずらっと並んだガレットは一つ一つ美しくて圧巻!
表面の細かい模様はナイフ一本で刻みつけるんだよ~。すごい技術!
そして、日本を代表するシェフ達があちらこちらに!!
もうテンション上がりっぱなしです!

毎年コンクールも行われていて、昨年の優勝者は直径1m!のガレットを献上すべく
奈良から8時間かけて運んできていました。
200901063.jpg
これは200名超の列席者に切り分けられたのだけど、残念ながらフェーブは入手ならず・・・。
その後、各パティスリーから供されたガレットのバイキング状態に!
トラディショナルなものから、ショコラやピスターシュ入りなどのアレンジ版、
ブリオッシュ生地でできたものなど、色々あってこまる~っ。
色々味わっているうちに、1つフェーブを引き当てました♪
わーいわーい!!
でも。もしフェーブが当たらなかったとしても、、、
こうしてガレットをみんなで分かち合って、楽しいヒトトキを
過ごすことが、幸せなことなのではないかなあ・・・
なーんて感じました。

読み返すと!マークが多すぎるけど、、、
ほんとにエキサイティングで貴重な体験でした☆
写真3つだけって少なすぎる~・・・

関連記事
スポンサーサイト

2009.01.06 | | 日々のこと

«  | HOME |  »

プロフィール

ニコ

Author:ニコ
会社勤めの傍ら、憧れの
ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。
今はお菓子教室を開く夢を持ちながら、お菓子を作ったり、たまに教えたり。
オーダーお菓子・出張お菓子教室承ります☆

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
4149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
385位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。