スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

学校3日目

今朝は家を出るのが少し遅くなって、朝食もかなり慌ただしい状況に。
バゲットをほおばりながら教室に向かいました。
あれ?私のトックがない?と思ったら、クラスメイトがこっそり持ってました。もぉぉ~。
今日もパーツ作成からスタートです。フィヤンティーヌの薄い板や、ガナッシュ、ジュレなど、、、。
作業中、クラスメイトとおしゃべりするようになりました。というのも、みんな割と英語が話せると分かったのです。もっと早くから話しかけてみればよかったなぁ。やっとみんなとコミュニケイトできるようになってきたのに、もう日程の半分過ぎてしまったのね。かなしい、、、。
どんどんパーツを作っていたとき、シェフの見本が可愛かったので、わぁぁと声を上げるとシェフが、”日本の女の子はよく「かわい~い」「すご~い」って言うよね~”と発言。これをきっかけに、”かわい~い”が大ブレイク!確かに私もよく口にしてました。
そう、日本人女性の仕草って独特みたいです。両手バイバイとか、、、それがとても面白いらしく、みんなしょっちゅう真似してました。

午後にはメインとなるムースにも着手して、組み立ての準備が進んでいきます。
ビスキュイをカットしたり、プラスティックをセルクルにセットしたり。カードルを使って組み立てた後にカットするものもあれば、セルクルで組み立てるものもあります。このセルクルはプラスティック製で5個ずつ穴が空いているタイプなのですが、ムースをならす時、作業しやすい!普通のセルクルだと、一個ずつ外側に垂れないように気をつけて表面をならしていくのだけれど、これは一続きで5個ならせるので、時短になります。合羽橋で見たことは無い気がするけれど、売っているのかしら、、、。
他にも日本にあるかしら、、?というお道具がいくつもある一方で、包丁やミニパレットなど、日本製のお道具もシェフは愛用しているみたいです。
そうそう、プラスティック製の型が今ブームみたいです。割としっかりした透明のプラスティック素材の型は、ムースを流して凍らせて、ぱかっと外すのです。この素材なら、どんな形の型でも実現できそう。但し、きれいに外すには結構コツがいります。現に私はひとつ失敗、、。
できたものは、どんどん冷凍庫に入れていくので、場所がなくなってきます。
今日もまた気づけば16時半。早いよ~。

お夕食は、今日こそクスクス。冷凍食品だからどうかなぁ、、、と思ったら、結構まとも。
お肉やお野菜もちゃんと入っているし、トマト味のソースもおいしい。良かった~。
ノートやルセットを眺めつつ、クラスのことを考えていて、、、今日は必要以上に日本語をたくさんしゃべってしまったなと反省。お友達が訳してくれるのは仕方ないとして、ちょっとした会話を日本語でしてしまったので、周りは”何話してるの?”という感じだったかもしれません。フランス語かせめて英語に留めるべきだった。明日は気をつけようっと。

関連記事
スポンサーサイト

2007.09.12 | | L'ECOLE LENÔTRE

«  | HOME |  »

プロフィール

ニコ

Author:ニコ
会社勤めの傍ら、憧れの
ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。
今はお菓子教室を開く夢を持ちながら、お菓子を作ったり、たまに教えたり。
オーダーお菓子・出張お菓子教室承ります☆

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
6059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
573位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。