スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フランス国家が認めた一流の職人

2007111301.jpg2007111305.jpg

フランスでお世話になったシェフが、先月、MOFを獲得されました☆
すばらし~い!
MOFとはフランスの国家最優秀職人章(勲章)。
各分野の第一等職人を選出するコンクールが3年に一度開催されるのですが、ものすごく厳しい審査で、MOFとなるのは本当にとても難しいのです。
それがゆえ、MOFの称号は最高の名誉とのこと。シェフ、本当におめでとうございます!
MOFのシェフ達は、襟元がトリコロールカラーのコックコートを着用できるのです。

そのシェフが来日し、講習会がありました。
3色の襟元がまぶしい☆
お題はチョコレートのピエス。しかも実習です。
申し込んで以来、ず~っと待ちわびていた講習だけど、チョコレートの実習なんて久しぶり、、、しかも学校ではピエスなんて作らなかったから大丈夫かしら、、、。
参加者もどうやらほとんどがプロ。そうだよね、、、。
でもいいの。受講要綱に一般の方もOKって書いてあったもん。

チョコレートのテンパリング(温度調整)の説明が終わると、まずはシェフのデモ。
無駄な動きが一切無く、ポイントをきちんと分かりやすく説明してくれるシェフ。その合間に、きれいなパーツが次々できていきます。
一つ一つの作業に一流を感じました。
キリのいいところまで終わったら、私たちが同じ工程を行います。テンパリングは時間の関係上しなくて良かったので、固まらず崩壊、にはならずにすみました。

シェフは実習作品以外にも大型のピエスを一から作成して、普通では見ることの無い作業工程を目の当たりにすることができました。
貴重な体験だった~。コンクールに挑戦するパティシェの方々はとても参考になったのだろうなあ。

この講習、地方から来た方も何人もいました。
プロ対象の講習でも、なかなかこういう内容は無いのだそうです。
年齢層も様々。私と同じテーブルの方はなんとカリスマ的な人気を誇るパティスリーのシェフパティシェでした。(途中で分かった、、、。)

全員無事ピエス完成!楽しかった~!!
充実の時間となりました。
しかしこれを電車で持ち帰らなければならず、かなり神経使ったよ~。

写真:小さいのは私の作品、大きいのはシェフの作品。

関連記事
スポンサーサイト

2007.11.13 | | L'ECOLE LENÔTRE

«  | HOME |  »

プロフィール

ニコ

Author:ニコ
会社勤めの傍ら、憧れの
ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。
今はお菓子教室を開く夢を持ちながら、お菓子を作ったり、たまに教えたり。
オーダーお菓子・出張お菓子教室承ります☆

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
3372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
320位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。