スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

第5週目:Tartlette Citrons

5週目に突入です。なんか早い、、。
まだまだタルトが続いてて、今日はレモンのタルトレットと
アーモンドとグリオットのタルトです。
生地はパートサブレなのでなじみはあるけど、扱いにくいんだよねー。
すぐにでろーんってなるし。
シェフを見ている限りはそんな扱いにくいようにも見えない生地は
私の言う事を聞かない、、、。
どちらかというとグリオットのほうに期待が高まるカナ。
レモンタルトってじつはあんまりいい印象がないのです。
なんかやたらすっぱくてやたら甘いクリームっていうイメージで。
そして、あのクリームはミルク使ってないのだね。
なのにカスタードっぽくなるのはフシギだ。
湯煎で作るから時間がかかるし、ずっと混ぜてるから疲れそう。
さらにイタリアンメレンゲ、手で泡立てるのね。。。
労力かかるなぁ、、、。
グリオットのほうは、マジパンを使ったアーモンドクリームが入ります。
マジパンっておいしいんだよね。しかしマジパンって甘いのに
さーらーに、砂糖をがしっと混ぜ込みます。
そこにキルシュ漬けのチェリーが入ります。
チェリーはすごくお酒が強い、、、焼くとアルコール飛ぶかなぁ、、、。
表面はアーモンドとシュトロイゼルって言うクランブル生地みたいのが乗ります。
おいしそ~。こちらは焼き時間がかかります。
実習ではレモンタルトを作るんだけど、
生地以外の作業にポイントありすぎ!
ノートもろくに取れない、、、ものすごーく実習が不安だ。
特にメレンゲが最初から最後まで難易度高いです。
しかし、仕上がりはほんと、かーわいい~。
こんな風にできたらいいのになぁ。
グリオットのほうも焼き上がり、更にチェリーを飾ります。
これもかーわいい~!
食べてみた感想。レモンタルト、おいしい!もちろん甘いけど、フランス菓子的に許容範囲。
グリオット、これが甘いっ!シェフはマジパンに混ぜたお砂糖、無くてもいい位だと言ってたけど本当にいらないかも。
あえて言うなら、この甘さがまたフランス菓子。
しかしあの砂糖がないと、クリーム部分がぱさつくかも、ということです。
簡単じゃないのね。
さて、、、実習では上手くできるのかなぁ、、、。

関連記事
スポンサーサイト

2005.10.26 | | Le Cordon Bleu

«  | HOME |  »

プロフィール

ニコ

Author:ニコ
会社勤めの傍ら、憧れの
ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。
今はお菓子教室を開く夢を持ちながら、お菓子を作ったり、たまに教えたり。
オーダーお菓子・出張お菓子教室承ります☆

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
4366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
409位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。