スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Gateau de Region

paindepicefar1

far2しばらく続いたプティフールが終わり、今日は地方菓子。
フランスの地方菓子のうち、2種類作りました。
一つはPain d'epice(パンデピス)。アルザスのお菓子でたっぷりスパイスとハチミツのケーキです。かなりスパイスが強いので苦手な人は苦手かもしれないけど、今回のはオレンジピールも入っていて比較的食べやすいかも。
もう一つはFar Breton(ファーブルトン)。ブルターニュ地方のお菓子です。固めのカスタードにプルーンの赤ワイン煮をたくさん敷き詰めて焼いてあります。
以前どこかで食べた時、やたら甘くて単なる生焼けぽくて良い印象が全然なかったのだけど、これが思いがけずおいしくてうれしい誤算。文字で説明すると”ぷよぷよしてて、ういろうみたいな食感のカスタードにプルーンがたくさん入ってる”となり、
この説明じゃあんまり魅力的ではないんだけどね、、、。
お店では右上の写真みたいにプルーン(底面)を上にして売ってる気がするんだけど、
シェフは焼き面(上面)を上にした方が好きだといってた。
確かにキレイだ、、、でもプルーンが上の方が何のお菓子かわかりやすいかな。
地方菓子って見た目地味だけど、さすが古くからの地方代表。
やっぱりそれなりにおいしいのねっって思いました。

関連記事
スポンサーサイト

2006.04.29 | | Comments(0) | Le Cordon Bleu

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

ニコ

Author:ニコ
会社勤めの傍ら、憧れの
ル・コルドン・ブルーでフランス菓子を学ぶ。
今はお菓子教室を開く夢を持ちながら、お菓子を作ったり、たまに教えたり。
オーダーお菓子・出張お菓子教室承ります☆

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
3960位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
376位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。